カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナゴーグ襲撃事件とドゥルーズの警察官
 エルサレムでのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)襲撃テロ事件(11月18日)のことは、アメリカで滞在中にも漏れ聞いていたが、日本で詳しく知って、あらためてイスラエルの直面する状況に心を痛めさせられた。

 その事件で、4人の犠牲者の他に、助けに飛び込んだ警察官が重傷をおって、死亡したという。
 テロの犠牲者は、ユダヤ人というだけで、その命を奪われた。
 ところが、その警察官ジダン・サイフ氏は、ユダヤ人ではないイスラエル人だった。ドゥルーズ族の1人であった

 ドゥルーズは、アラブ人である。サイフ氏は、人種的には殺されたユダヤ人よりもテロリストに近い。しかし、彼はイスラエルの英雄と呼ばれている。
 ドゥルーズは、イスラエルに忠誠を尽くし、国の守りに参加している。
 彼らは、モーセの舅エテロを尊敬しているという。

 不幸な悲劇的事件からも、イスラエルが孤立してはいないことを読み解きたい。

 
スポンサーサイト

コメント
No title
カナダのシナゴーグでも、犠牲者のために祈りを捧げられていました。
ラビが短く語られました。
イスラエルの平安のために祈れ。
イスラエルはユダヤ人ためだけの国ではない。
アラブ人もクリスチャンも住む。
この神の国・イスラエルの平安を祈れ、と。
[2014/11/27 10:12] URL | 唐変木 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2505-e1beb15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。