カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタニヤフ首相の演説 停戦を総括して
 今度のガザ停戦は、オープンエンド(期限付きなし)でエジプトの仲介を双方が受け入れた。
 ネタニヤフ首相は、国民に向けて演説をした。
 指導者として総括するのは義務であるので、イスラエルの公式見解としてみてよい。

 まず、ハマスに大打撃を与えた、と戦闘をまとめた。テロ組織の基盤をすっかり破壊したのは事実であろう。
 そして、停戦は条件なしに成立した。ネタニヤフ首相は、ハマスの要求する条件は一切応じていないことを強調。

 しかし、ハマスを完全に非武装化することはなかった。まだ、多量の武器を残しているようだ。
 だから、ネタニヤフ首相は、長期に停戦が保たれるかどうかを保証するのは時期尚早であると言った。
「もしハマスが再びロケット弾攻撃をするならば、7倍にしてお返しをする」と警告している。

 まるで創世記の話をきくようだ。カインの末裔のレメクは妻に言った。
  「カインのための復讐が7倍なら、レメクのためには77倍」(創世記4・24)

 さて、一方、ハマスのほうは、隠れていたボスのナニヤが姿を現し、「ハマスは勝利した」と宣言しているそうだ。
 どこが勝利か分からないが。

 ネタニヤフ首相は、テロ組織との戦いには時間と忍耐が必要だと言い、今アラブはイスラエル・パレスチナ紛争よりも過激テロ組織の伸張に危惧を抱いているとコメントを述べた。イスラエルへの理解は増しているという意味であろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2480-ccbbbae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。