カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガザ停戦は ハマスの作戦か イスラエル兵士拉致か
 日本の新聞を通してでは、3日間の停戦の合意を破ったのは、イスラエルのように見える。
 産経は見出しは
 「ガザ停戦 数時間で崩壊
  イスラエルが砲撃 50人死亡」
である。発電は【ワシントン】から。

 しかし、実態はどうだったのか。イスラエルに駐在員をおかず、カイロやアメリカから報道していて、真相をつかんでいるのだろうか。

 イスラエルのネット紙では(ユダヤ人のジャーナリズムの優秀さは世界的定評がある)、ハマスの停戦を利用した作戦があったことを伝えている。
 ガザ南部の町ラファで、停戦が始まった午前8時からまもなく、9時半ごろトンネルから自爆テロリストが急襲、その間に1人の兵士が拉致された模様。同時に2人の兵士も殺された。

 イスラエル軍は、その拉致兵士ハダル・ゴールディン中尉の徹底捜査を開始している。
 これで、再びガザ戦争の先行きが変化した。一方的な停戦や撤退はないだろう。

 ともかく、産経新聞といえども、信頼できない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2420-26799789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。