カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「復讐」の声に、自制を求めるネタニヤフ首相
 あまりにも痛恨と哀惜の思いがイスラエル国民の間に満ちているときに、さらに過激な原理主義ユダヤ人の「復讐を」という言動に心を痛める人も少なくないだろう。

 そんなとき、ネタニヤフ首相の、国民に呼びかけるメッセージが出された。
 その一部を伝えたい。イスラエル人の良心を見る。

 「私はイスラエル国民のすべてに訴え、お願いする。『どうか、皆さんの行動や言葉において自制を働かせてもらいたい。我らの心は痛み、我らの血は煮えたぎる。しかし、まず第一に重要なことは、私たちは人間であり、法を守る国の市民であることを忘れてはなりません。責任ある、冷静な頭で、熟慮した決断をしているのが我々である』」

 ペレス大統領も、イスラエル全家族が悲しみにあっても、しかし「我々は憎むために生まれていない」と訴えた。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2360-96b1feef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。