カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の集団的自衛権 
 日本では集団的自衛権について、その解釈の変更が内閣で決まるという。
 これは日本とアメリカが同盟関係にあり、しかも近隣諸国の武力による威嚇が現前しているとき、何が抑止力になるかというと、これしかないではないかと思う。
 世界の現実感覚から言うと、集団的自衛権の解釈にうつつを抜かしている状況ではなるまい。

 「その権利は存在するが、行使は出来ない」というのが従来の内閣法制局の解釈。
 おかしいと思っていた。「行使できる」という、今度の取り組みには、おおいに賛意を表したい。

 イラク情勢から、日本はそれに巻き込まれるかもしれないという警戒心を持つ評者もいる。
 アメリカにとって、非常に難題であるのは知っている。しかし、それだからといって、集団的自衛権の件と一緒に論じるには及ばないと思う。


  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2354-b4bdf4ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。