カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタニヤフ首相のイラク戦略へのコメント
 イスラエルは、これまでイラク情勢については沈黙を保っていた。
 しかし、アメリカがイランと変な交渉をして、イランの核開発阻止の経済制裁をはずしそうになるのを防ぐためか、ネタニヤフ首相は初めてコメントを述べた。
 
 「アメリカはイランに、イラクを支配するようなことを許してはならない。
 イランに操られるシーア派過激派もアルカイダ系のスンニー派過激派も、両者はアメリカの敵である。
 敵同士が争っている。両者ともに、弱体化するようにせよ」

 つまり、どちらかの一方を支援して強く生き残ることをさせず、共倒れになるように考えること。
 
 「漁夫の利」という戦略を、というわけだが、そんなにうまくいかない矛盾にあるのがアメリカ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2336-53fab3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。