カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルド人の原油 イスラエルに初めて上陸 イスラエルの戦略か
 これは中東の勢力地図の変動を見抜くには、見逃せない記事と思った。(ハアレツ紙より)

 それはイラクのクルド人地域の油田からパイプラインでトルコのジェイハン市の港に送られた原油が、イスラエルのアシュドド港においてオイルタンカーから引き取られるという。(船は1カ月近く地中海を彷徨ったそうだ)
 これはイラクにおいて事実上独立しつつあるクルド地方政府の行動であること。イラク政府はそれを阻止したい。もしその原油を購入した者には制裁を科すと脅している。
 イスラエルはそれを購入したとは言っていない。しかし、クルド人との関係を結びたいという、地域戦略を抱いている。その上、イラクとは外交関係はなく、イラクはイスラエルをボイコットしている。何も恐れることはない。
 こうしてイラクは分裂していくだろう。クルド人は、原油地帯を制して、イスラム教徒のイラクから支配を逃れられる。

 イスラエルは、アラブ世界で非イスラムのクルドを応援することによって、安全保障を一層確保することが出来るわけである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2332-7c031aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。