カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラクの混迷 第2の都市モスル テロ組織に占領される
 イラクでは過激武装組のジハード(聖戦)主義「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」という集団が、イラクの第2の都市モスルを占領した。イラク軍がそれより少数のテロ組織に敗れて、退却したという。
 このISISはシリア内乱の鬼子である。
 イラクとシリアの一角に、スンニー派の地盤を築き、欧米へのテロ攻撃の基地にもしそうである。

 米国の撤退した後のイラクは、安定どころか、国は分裂しそうである。
 北部のクルド人も実質独立しているようだ。
 現マルキ政権は、シーア派偏重で、スンニー派を迫害してきた、そのつけを払っている。

 モスルという都市は、実はユダヤ人の歴史にも縁があるそうだ。
 古代、預言書ヨナが神から遣わされた町ニネヴェがここにあった。
 アッシリアのセンナケリブ王が壮麗な宮殿を建てたのもこの都。

 中東は混迷をきわめている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2326-845fa9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。