カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガリーの超右翼政党員が実はユダヤ系と知って ユダヤ教に回帰
 ハンガリーの反ユダヤ主義の超右翼政党の未来のホープだった男が、実は自分がユダヤ系だと知ってから、大変身したという物語。
 AP記者の取材で、イスラエルネット紙が載せていた。
 ハンガリーは第2次大戦末に親ナチスの政権が支配して多くのユダヤ系市民がアウシュビッツに送られたり、殺されたりした。有名なイスラエルの詩人・女性兵士のハンナ・セネシュは、ハンガリー出身で故郷のハンガリーに帰って捕縛され銃殺された。
 伝統的にハンガリーは、反ユダヤ主義の根は深い。
 超右翼政党Jobbik(発音がわからない)は、その性格にもかかわらず、躍進している。
 その創設者の一人、Czanad Szegediという男、セゲディと呼ばしてもらう。
 彼は、ユダヤ系だと知ると、党から追放され、一方、彼自身は自分のルーツに目覚める。そして、割礼までして、ユダヤ教に改宗し、ユダヤ教を学ぶ。そして、祖母がアウシュビッツの生き残りであることも分かった。周囲を恐れて、祖母は自分の経験をだれにも語っていなかったという。
 今は、セゲティー氏は学校の子供たちにユダヤ人の歴史やアウシュビッツのことを語り、ハンガリー人とユダヤ人の架け橋になりたいと願っているという。
 ハンガリーのユダヤ教ラビは、彼の改宗はほんものだ、とのべている。まだ若いから(31歳)、未来がある、と期待をかけている。

 ハンガリーには、隠れユダヤ人も少なくないと見られている。


スポンサーサイト

コメント
No title
キリスト教徒による迫害が強かった地域、強制改宗のあった地域、共産主義体制下であった地域にはユダヤ人の末裔、「元ユダヤ人」、という人が少なくないと思われます。
スケートのリプニツカヤさんもユダヤ人の末裔でしょうか?
[2014/06/17 15:20] URL | さかい #T3fqMar2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2319-b73b09b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。