カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランシスコ教皇 聖地訪問 空港にて
 フランシスコ教皇が昨日、イスラエルに着いて、イスラエル国の公式歓迎を受けた。
 24日いヨルダンを、続いてパレスチナのベツレヘムを訪れていた。そこからヘリコプターでベングリオン空港に飛んで、飛行場でペレス大統領とネタニヤフ首相が歓迎の挨拶。教皇が答辞。
 挨拶は、イスラエルとパレスチナの存在を両者が承認されるように。永続的平和を願うと。

 教皇はイスラエルとパレスチナの代表をバチカンに招待したという。

 ペレス大統領のスピーチもなかなか、高尚であった。
 預言者イザヤやアモスの言葉を引用しながら、ナザレのイエスやアッシジのフランシスの名もあげる中で、キリスト教とユダヤ教の宥和に努力している教皇への感謝を述べた。
 聖書になじみのない日本のマスコミには載らないエピソード。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2289-4c475a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。