カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハマスの息子」 イスラエルに再来して
 モサブ・ハッサン・ユーセフ。またの名を「ハマスの息子」、イスラエルのスパイとして働いたが、彼はなんとパレスチナ人のイスラム組織ハマスの創設者の息子である。
 今も家族からは絶縁されている。

 インティファーダで、イスラエルにテロが猖獗した時代、保安組織シンベットのために貴重な情報を流して未然にテロを防ぎ、何人もの命を救うのに協力した。

 本にも刊行された。パレスチナからアメリカに移住し、密かに生活していた。
 今年の春、彼の物語が映画化された。Green Prince(緑の王子)というタイトル。
 その映画のイスラエル特別封切りに出演するために、イスラエルにやって来た。
 そのインタビュー記事が新聞に載っていて、そのことを知った。

 パレスチナ人からみれば、裏切り者である。
 イスラエルからは、特別の協力者である。しかし、シンベットの待遇はどうも最低である。
 イスラエル入国のビザを貰うのにも苦労するという。
 テルアビブの街にとけ込み、イスラエルにいることを自然のごとく喜んでいた。
 イスラエルも、彼をもっと厚遇したらいいのに、思った。
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2280-15aa8229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。