カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルとパレスチナの和平交渉はお休み
 ネタニヤフ首相が来日した折、インタビューでパレスチナとの和平問題について質問を受けていた。
 答えは今までと変わらない。
 パレスチナがイスラエルを和平交渉の相手にするか、それともイスラエルを攻撃するハマス(米国からもテロ組織と見なされている)と手を結ぶのか、どちらかであると。
 入植地に関しては、新しい入植地を作ってはいない。既存の地区に、人口増による家の建築をしているだけであると。

 4月23日に、パレスチナの主流派とハマスの統一の話以後、交渉は決裂のままである。

 昨夜、パレスチナのアッlバス議長とケリー国務長官とは、ロンドンで会って話し合ったという。
 「話し合いのドアは、いつでも開いている」と。
 しかし、米議会はパレスチナへの支援を停止するかもしれない、と警告した。
 テロ組織ハマスが絡むからである。

 ひとまず、和平交渉はお休みである。イスラエルは現状維持で困ることはないようだが、パレスチナはどうするのかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2276-1ec35d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。