カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本とイスラエルは飛躍する」 イスラエル経済紙の記事に感心
 日本ついての誤解がある。しかし、日本の強さに学ぶべきだ。
 ということを書いているイスラエルの経済紙「Globe」の記事が目を引いた。(イシャイ・シュラグ記者)
 以下に要約しよう。

 西欧では、日本の経済が「失われた10年」でもうかつての勢いを失ったように見ている。
 それは間違いだ。イスラエルは、日本の文化と精神の強さを知らなければならない。
 そして、イスラエルと両国は共に共通点を持つのだから、協力し合っていくとよい。

 その理由は、まず広島から。この悲惨な民族悲劇の記念の場において、日本人は他を非難したりしない。それが敵であっても。むしろ自分たちに責任を感じ、反省し、心を探る。それは、日本人の向上心、完璧をめざす性格に由来する。
 戦後の荒廃から立ち上がった。
 そして、90年代以降のデフレーションからも立ち直りつつある。

 日本人は、西洋人の多様混合文化を欲しない。つまり、経済危機を解決するのに、外国人の安い労働力に依存することはしない。技術力で解決しようとする。
 日本は主として日本人よりなる民族国家 nation state である。この点は、ユダヤ民族のイスラエルと共通する。そして、技術立国である点も。

 今、日本は再び繁栄へのサイクルを歩みだしている。
 日本は停滞の時期と言われた90年代以降、解決への方法として国のインフラに投資した。アメリカは資本に投資して、経済危機を解消しようとした。ここにも違いがある。

 両国の協力は、相互に多大の利益をもたらす。日本を誤解してはならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2272-f3ac1e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。