カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト大統領選の有力候補 シシとサバヒ
 エジプト大統領選について触れておこう。
 24人もの候補者で、5月末までの大統領選挙が戦われているが、(人数の点はエジプトは民主化しているわけだ)前国防相のシシ将軍とナセル主義者(アラブ民族主義者)で左翼のサバヒとが主な候補だ。

 シシ候補が有力である。
 イスラエルとの関係について、テレビ討論の場で「平和条約は守る。両国の関係は安定しており、エジプト国民にも浸透している」と語った(イスラエル紙イデオット・アハロノット)。

 それに対してサバヒ候補は、怒りまくって「だれがエジプト国民の名において、その和平条約について語る権威を与えたのか? エジプト国民がそう考えているといえるのか?」と。
 長年の反政府主義者で17回も投獄されたサバヒである。

 どちらが受け入れられるか。面白い。
 シシが大統領になる前に、こう明言しておけば、選挙後に彼に反対できなくなるだろう。

 ちなみに、シシは巧妙な政治家にもなりそう。アメリカへの依存を減らすために、ロシアとの関係を改善し、濾紙からの武器輸入の協定を結んだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2269-ef6a99d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。