カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シモン・ペレス大統領の独立記念日の感想 若い世代に期待
 今日は、ユダヤ暦ではイスラエルの建国66周年目に当たる。
 国をあげて独立記念日を祝う。

 ネット紙に、シモン・ペレス大統領との会見記が載っていた。
 間もなく大統領の任期を終える。
 会見では、ペレス大統領はとても楽観的であった。また、90歳の高齢でありながら、未来への(政治的)意欲が満々であり、リタイアして老後を静かに楽しむような雰囲気でない。

 イスラエルの現状について問題がありながら、「イスラエルには次の世代が担うべく待っている。我々の世代はなすべき事を成し遂げた。誇りに思う」と。
 若い世代にリーダーシップが必要ではないか?(欠けているのでは無いかの暗示)との質問に、
(古い世代の意味での)リーダーシップは必ずしも必要でない
 うーん、そうなのかな?
 ペレスいわく、「国家はもはや中心的機関ではなくなっている。世界中を見てもそうだ。歴史を通じてすべてのリーダーシップは、取り巻く現実を無視することはできない。さらに大きな力が生きているのだ
たとえば、経済は国家よりもグローバリゼーションによって影響されている。グローバリゼーションには政府はない」と言って、マーク・ザッカーバーグの名をあげた。
 彼は、フェースブックの発明者・創業者である。(米ユダヤ人、ハーバード大時代にヒット)

 ペレス大統領は、若者の自発的な能力と意志にすごく期待している。
 イスラエルの大統領は、イスラエルのみならず、ユダヤ民族全体を同胞として視野に入れているのだ。

 彼に見習わなくては、と叱咤される思いである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2265-6e3c2966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。