カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK時論口論の出川さん ちょっとおかしいよ
 昨夜の深夜、NHK衛星テレビの「時論公論」という番組を見ていたら、「決裂か継続か 中東和平交渉」というタイトル。 出川展恒解説委員の話であった。
 NHKの偏向は今さら言うまでもないが、その背景の文字による表示に吃驚した。
 イスラエル側の問題として、「パレスチナの政治犯釈放の拒否」だったと思う。

 あれは、「パレスチナテロ重罪犯の釈放」とすべきである。
 政治犯というのは、思想的に反政府で捕縛されたような意味ではないか。
 しかし、イスラエルが釈放を検討していたのは、テロ行動でイスラエル人を殺傷した犯人なのだ。

 いかにも、南アフリカのマンデラのような政治犯に思わせる。
 NHKの反イスラエル姿勢の表れか。

 それと共に、出川解説委員は、パレスチナ問題はアラブの諸問題の根源のような表現をした。
 だから、交渉が決裂したら、大問題であるという。

 ちょっと待って! エジプトの騒乱は、エジプト人自身の内政問題であり、シリアの内戦もイスラエルとは無関係じゃないか。
 その上、日本政府は、イスラエルに「入植地問題を解決せよ」と進言すべき。そう出川さんはおっしゃる。
(ネタニヤフ首相が来日予定)

 変な解説で、日本政府が変な進言をしないように、と願わされた次第。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2241-f60ad6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。