カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダン国王とフランシスコ教皇 歓談
 フランシスコ教皇は、5月24日にヨルダン、イスラエル、パレスチナ西岸域を訪問するという。
 月曜日には、その準備なのか、ヨルダンのアブドゥーラ国王がバチカンで教皇と会って、お茶を飲みつつ、40分も歓談したという。
 政治的立場からでなく、宗教的な立場から、この地域の平和を促進することができるなら、大いに教皇の巡礼は歓迎されるだろう。
 キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地であるところで、どんなメッセージが発信されるのか、待ち遠しい。

 ところで、今、フランシスコ教皇がアルゼンチンの大司教の頃に友人のラビと対話した本『天と地の上で』を翻訳出版しようと編集中である。キリスト教とユダヤ教の対話であるのが、ユニークである。優れた宗教人の、高い思想性に溢れた語録に感銘を受けつつある。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2233-b640dc47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。