カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナとロシア
 アメリカの中東外交は、いろいろの課題を抱えているが、とにかくパレスチナ問題を解決して、それから良き影響を願っていると思われる。
 しかし、それが挫折しそうだ。
 パレスチナも、経済援助をアメリカに依存しているので、そう簡単には援助者の意向をむげにもできない。
 そんな感じできたのではないか。

 しかし、イスラエルでは、パレスチナがロシアと結びつく方向に行くのではないかとの分析もある。
 プーチン大統領とアッバスPA議長が連帯して、イスラエルへの圧力をかけるかも知れないと。
 国連でもロシアの方がアメリカよりも、パレスチナに好意的である。

 ロシアは、今はウクライナ問題で、世界中から嫌われるとき、一つでも味方がほしいところで、パレスチナに肩入れすれば中東での立場は有利になるかも知れない。

 国際政治はどう動くのか。油断は出来ない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2232-bff8c45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。