カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの外務相労働組合スト 国賓の来訪に差し支えの可能性
 イスラエルの外務省労働組合が、財務省との交渉が膠着したので、賃金や労働条件改善を求めてストに入ったという。
 驚いたね。イスラエル人は、我々の感覚では公務に属する仕事なのに、ストを行うのだ。
 以前には、学校の先生がストをやった。

 具体的には、海外から訪れる要人へのサービスをしない、海外にいるイスラエル高官のための仕事をしない、一般人のための領事部的な仕事もしない、というようになる。
 それで、キャメロン英国首相やフランシスコ教皇のイスラエル訪問も差し支えるかも知れない。

 もちろん、効果的でショッキングでなければ、ストの意味もないわけだが。
 イスラエル人は、たくましいと言うべきか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2202-e982d35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。