カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューズウイークのとんでもコラム 酒井啓子の偏見 「アンネの日記」に思う 
 メディアには「アンネ・フランク日記」毀損事件に関して、いろいろの論評が出ている。
 ニューズウイークのコラム「中東徒然日記」に、酒井啓子という人が、「アンネの日記」事件に思う、と題してとんでもない記事を書いていた。

 要するに、アラブには「反イスラエル」はあっても、「反ユダヤ主義」は無いという。

ついでに、シオニズムに反対しているだけだと、アラブの弁護をする。
 
 酒井氏の論評の一部:

 確かに、日本のニュースでは、アラブやイスラーム諸国の反イスラエル政策が、スキャンダラスに報じられることが少なくない。イランの前大統領、アフマディネジャードなどはその典型で、ホロコーストはなかったかたいした規模ではなかった、と発言して、国際的な物議をかもした。

 だが、アラブやイスラーム社会の反イスラエル政策を、反ユダヤ主義と誤解してはいけない。彼らのイスラエル批判は反ユダヤ主義ではなく、ユダヤ教徒だけを他の宗教と切り離して独立国を造ったシオニズムという思想に反対している。ホロコースト発言で顰蹙を買ったアフマディネジャードは、イスラエルという国を否定したことでも問題視されたが、それはユダヤ人を殲滅するという意味ではなくて、イスラエルという、ユダヤ人だけ特権的な権限を与えて先住民を差別する、その人種主義的国家のあり方を否定したという意味なのだ。


 この曲解はひどい。アフマディネジャドは、イスラエル国を殲滅すると公言した。
 そして西欧のインテリジェンス関連者がそれを分析して、彼が本気であると認めた。
 「人種主義的国家」は、自国のユダヤ人を迫害するイラン、シリアがその名称にふさわしい。

 コーランには、「ユダヤ人は豚と猿の子孫」と書かれているとか。

 日本のニューズウイークの編集陣は、国際常識に暗く、こんなコラムをよく許していると思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2200-65904c8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。