カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル市民からも 入植地商品の不買運動
 イスラエルの西岸地区入植地の問題は、世界中から非難されているが、EUはその地区で生産された商品はボイコットしようという動きがある。
 
 イスラエル国内でも、ずっと入植地の拡大に反対の声はあがってきた。主として、リベラル左翼陣営からと思われてきた。だから、あの入植地を推進してきた中心人物のアリエ・シャロン首相が、政策を一転したときには、イスラエル中が驚き、保守派の大反対も押し切って、市民のバックアップもあってか、ガザ地区の入植地並びに西岸地区の一部撤退が実現できた。

 今の国民の反応はどうか。すでに、少数かも知れないが、一般市民の間で、入植地の商品をボイコットする人が出始めた、イスラエルネット紙は大きく伝えている。
 入植地のワインは、買わない、という動きがある。
 一般市民は、入植地を拡げる、あるいは維持するよりも、もっと大きな社会問題があると、指摘するのである。
 予算がどう使われるのか。イスラエルは、実は貧困層が大きいのであるが、その救助対策に国は予算を削っている。

 この報道に、イスラエル社会の厳しい一面を反映していると見る。
スポンサーサイト

コメント
No title
ヒトナハルートが何であるのか、外国人にまったく説明できていないのでしょうか?
訳語は? 国際法上違法なのか違法でないのか? 和平の障害ではないこと。歴史的共同体は?.. etc.
[2014/02/13 19:24] URL | さかい #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2187-77762754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。