カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ イスラエル首相の電話を盗聴していた 強い抗議が
 アメリカの情報活動を暴露したエドワード・スノードンは、本当にとんでもないことをしてくれたと、米政府は大変なご立腹だろう。これは今年の国際ニュースでも、衝撃的な一つだと思わされる。

 第一、同盟国のドイツ、フランスまで。絶対「容認できない」という強い抗議。

 ところが、金曜日のニューヨークタイムズ紙に、イスラエルのオルマート首相やバラク国防相の電話やeメールまで盗聴していた事実が暴露された

 ネタニヤフ首相は、「イスラエルとアメリカの密接な関係から、あってはならない行為だ。絶対に認められない。明確な説明を要求する」と強い声で抗議したようである。リクード党の会合で。
 実は、イスラエルのスパイとして米国で活動していたという罪で、ジョナサン・ポラードというユダヤ人工作員が1985年逮捕以来、ずっと終身刑で収監されている。本人は否認している。
 イスラエル政府としては、ずっと釈放を働きかけてきたが、米政府は拒絶してきた。
 この歩ラード事件とからんで、イスラエル人の不満は高まっている。

 ところで、日本も盗聴されていたのに、政府は黙っている。何事も穏便に、という姿勢らしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2139-50846f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。