カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバノンのイラン大使館テロ事件はスンニー派の仕業
 昨日、レバノンのベイルート市のイラン大使館が自爆テロの攻撃に遭った。
 イランは、これはイスラエルの仕業であると発表した。

 ところが、間もなく、スンニー派の過激武装グループが犯行を認める声明を出した。
 アブドゥラ・アッザム旅団と称する、アルカイダ系テロ集団である。

 イランは、シーア派イスラム教国として、今やシリアのアサド政権を支え、また傀儡のヒズボラを使って内乱中の政府軍を支援している。スンニー派にとって、イランは最大の敵である。
 
 アッザムは、しばらく前まではイスラエルによくロケット弾を飛ばしてきたが、今やイスラエルは脇に置いて、シーア派との戦いに集中するようになった。というのが、イスラエルの観察である。

 それにしても、直ぐ何でもイスラエルのせいにする癖は、イランにもあるようだ。お粗末様。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2100-a3aaeb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。