カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェー「割礼」禁止の法案 ユダヤ人の伝統を否定か
 北欧4国に少し関心を持ちだしている。友人の奥さんが日本人だが、ノルウェー育ちであることから。

 それと、ノルウェーとスウェーデンが隣国同士でありながら、第2次大戦中、ナチスドイツに対する関係が全く違い、またユダヤ人への対応も違っていた歴史事実に興味あり。ノルウェーはドイツに占領され、ユダヤ人を犠牲にした。スウェーデンは中立を保ち、ユダヤ人救出に国民上げて取り組んだようだ。特に、外交官のウォレンバーグはハンガリにおいて何万というユダヤ人をナチスから救った。

 今、ヨーロッパにおいてユダヤ関連で問題になっていることは、「割礼」を許すかどうかの法律的議論が湧き起こっていること。名目上は、人権上子供に苦痛をあたえるようなことを許していいかどうか。しかし、これはユダヤ教の伝統的な儀式で、民族にとって最も重要なことなのだ。
 ドイツで禁止の判例が出たとき、イスラエルは抗議し、メルケル首相もその法律を廃止させた。
 ところが、EUの中でいくつもの国が同様に「割礼」禁止を企てている。

 今、ノルウェーが「割礼禁止」の法案を審議している。
 イスラエルでは、反ユダヤ主義の行為だして怒っている。

 ノルウェー人は、旧約聖書のアブラハムの物語を否定するのかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2092-063d2f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。