カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナチスの略奪絵画が発見さる 総額1350億円か
 ドイツの週刊誌「Focus」が、ナチスがユダヤ人から略奪した絵画1500点がミュンヘンのアパートの一室で発見されたという記事を載せた。
 作品の仲には、ピカソ、マチス、ルノアールなども含まれ、総額10億ユーロ(1350億円)にもなると推定される。

 ナチスは、絵画の盗品を売却して戦争の資金にしたかったとか。ゲッペルス宣伝相が絵画商人に委せたものだと言われる。

 元の持ち主に返還すべきと、ユダヤ財産奪回委員会(?)という団体が主張している。

 イスラエルのネット紙にも、すぐこのニュースは取り上げられたが、発見されてから2年半も未発表にしていたのか、ドイツ政府の姿勢を問題にしている。
 といっても、元の所有権者が今どうやって見つけるのか、もう殺されているユダヤ人も少なくなかろうから、これは難題であろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2076-0b5d18f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。