カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル パレスチナ囚人の釈放第2段階
 イスラエルでは、予定どおり、パレスチナ囚人の釈放が昨夜実行された。
 パレスチナとの和平交渉のために、オスロ合意以前の囚人達を選別して釈放すると決めていた。
 今度の第2段階目に、26人が刑務所から21人は西岸地区に、6人はガザに連れて行かれ、パレスチナ側に引き渡されたという。
 パレスチナのアッバス大統領が大勢の人々と共に歓迎していた。彼らはテロ殺人犯なのに。ちょっと、イスラエル人の神経を逆なでしているような気がする。
 最後の1人が釈放されるまで、自分はイスラエルとの協定に署名はしないと豪語していた。

 イスラエルでは、遺族が釈放を停止する請願を最高裁に出したが、拒否された。

 ネタニヤフ首相は、最も困難な決定だが、国際社会の中でのイスラエルの立場を考慮してのことだが、理解して欲しいと述べた。政権の連立した党からも反対があったからである。

 おそらく、これで和平交渉が推進していくとは、イスラエルでは誰も考えてはいまい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2071-f5b0061f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。