カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウジアラビアの立腹、フラストレーションがあらわに
 サウジアラビアが国連の安保理理事国に選ばれた、というところまでは、ブログに書いた。
 ところが、先週、サウジはそれを辞退すると表明した。これは、安保理の不作為に対する抗議の意味であるとした。異例である。
 シリア問題について、安保理はアサド非難の決議を通すことができない。
 シリアのアサド大統領を応援するロシアと中国の拒否権のためである。
 また、シリアの毒ガス使用に対しても、オバマ大統領は軍事攻撃をすると脅しながら、それを止めた。

 サウジは、今、国連のみならず、アメリカにも非常に立腹しているようである。
 アメリカの中東アラブにおける同盟国サウジは、米国政策を変更するとも言い出している。
 アメリカにとっては、これこそ一大事である。
 サウジの安保理に対する態度に、湾岸諸国やエジプトはサウジに声援を送っている。サウジは勇気があると。最近、国連ではアラブの立場は無視されていると共感するわけである。

 アラブは一枚板だという神話は総崩れで、スンニー派諸国とイランのシーア派およびシリア(アラウィー派)との分裂である。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2064-f7eb26d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。