カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連の軍縮委員会の重要な地位にイランが選ばれる不思議さ
 国連とは全く奇妙なところだ。
 ネタニヤフ首相のイランの核開発疑惑について語った演説を国連加盟国は無視したかの如く、そのあとでイランが軍縮と世界安全保障の委員会の重要なポジションに任ずる議決がされた。委員会の報告を作成する報告担当委員である。
 イスラエル国連大使は、事務総長に非難の書簡を送った。
 国連から核疑惑で制裁を受けている国、イランがまるでそのことと無関係のように、重要な位置に付く。
 
 しかも、軍縮委員会の委員長国がリビアである。不安定で、武器をアルカイーダに密輸しているような国が、世界の平和のための国連軍縮委員会をしきっているとは。

 国連への不信がいよいよ高まる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2042-8e3e402b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。