カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平和を求める者は戦争を用意せよ」イスラエル国防相
 日本人も参考にして良い、イスラエル国防相のことば。
 モーシェ・ヤアロン国防相は、国防相職員に語ったメッセージの中で、
平和を求める者は、戦争も用意をせよ」
 戦争をすることを覚悟して、常に準備を怠るなの意味だろう。

 これは、シリア化学兵器問題で、アメリカの軍事介入の用意に対して、それが外交的解決に導いた、との認識である。
 身をもって国を守る覚悟がなければ、敵に侮られるだけで、平和は来ない。これがイスラエル人の発想であり、軍事力をいつでも戦闘可能な状態に保っているイスラエル軍の大原則である。

 ヨム・キプール戦争から40年経ったが、イスラエルでは今もなおその教訓は何だったかを真剣に問うているそうである。
 机上の空論は、中東ではおとぎ話である。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/2008-607f8f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。