カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア情勢について
 シリア情勢について。
1.日本のメディアにも、アメリカの軍事介入がトマホークミサイルでシリアの拠点を攻撃するのでは、と観測ニュースを流している。
2.イスラエルのYnetnewsによれば、まずロシア航空機が在シリアのロシア人をシリアから移送するために、ラタキア空港に着いたことを写真入りで伝えている。これはロシアも、上のことを予測しているらしい。
3.ケリー長官とロシアのラヴロフ外相と電話会談、シリアの毒ガスについては意見が不一致。
4.民間の情報通は、もしアメリカがシリアを攻撃すれば、シリアはレバノンのヒズボラに対してイスラエルをミサイル攻撃するように指示したという。
5.その他、イランなども報復攻撃を示唆しているが、それはブラフ(脅し)と見てよい。そうでもないという見方もある。
6.イスラエルは、いずれにしても即応の態勢をとっている。シリアのアサド政権には、はっきりとイスラエルを巻き込もうとするな、と厳重に警告を与えている。

 欧米はどのように対応するか協議中であり、軍事作戦もいろいろオプションが考えられるので、今のところ誰にも分からない。

 イスラエルは、穏やかな新年(9月5日)が迎えられるかどうか。平安を祈りたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1970-8a213f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。