カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北米から イスラエルに移民のチャーター機
 今時、イスラエルに移住する人なんかいるのかなあ、と思うかも知れない。
 ところが、アメリカからチューター便で231人のユダヤ系アメリカ人がイスラエルに移住者(ヘブライ語デ、オリームという)としてやって来たというニュースに感動。

 ネフェシュ・ベネフェシュという組織が、2002年からイスラエルへの移民支援のために活躍している。
 今回は、41の家族、54人の独身、そのうち子供が何と106人。移住者の中には子供が5人の夫婦も写真に写っていた。未来の国防軍は希望であると、ユーモアをこめて取材記者は語る。

 また、ケレンカイェメットという組織もオリームを支援している。移住先は、ネゲブとかガリラヤとか周辺地方だとか。

 みな迫害から逃れたわけではなく、イスラエルにユダヤ生活が出来る、本当に自分たちの国だと感じてきているそうだ。一度は、イスラエルを訪問して自発的に移住してきている。全部がそうではないが。

 人口が増えることは、国の力である。
 日本の人口減少はさびしい。若い世代よ、大家族をめざせ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1913-d139b45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。