カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナ囚人釈放 それで平和が来るのかの疑問
 イスラエルとパレスチナが交渉に入るために、パレスチナ人囚人を釈放するという条件がケリー長官から提案されたということは書いた。
 ところで、どんな囚人が対象かが分かるにつれ、イスラエルで問題になっている。
 オスロ合意以前に収監された連中で、終身刑をくらっているのだ。
 重罪犯である。テロで一般市民を残酷に殺しているのだから。

 被害者の遺族が反対の声をあげ、早速国会に陳情している。
 パレスチナに帰り、英雄となり、再びイスラエル市民に危害を加える危険性もあるが、法治国家の名誉にかけて国法を曲げていいのか。
 そういう訴えを聞くと、そうだと共感する。

 平和の配当という言葉がある。はたして、イスラエルは平和条約で平和を得ることができるのだろうか。
 疑う人は少なくない。ガザを返還したあと、逆に過激派ハマスが乗っ取り、イスラエルをロケット弾攻撃を仕掛け、敵対行動が止まない。その二の舞とならぬ保証はあるのか。

 イスラエルの国民の置かれる難しい状況、これは平和ボケの日本人が想像できないくらいだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1912-f891ff6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。