カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル元軍情報部長のエジプト分析は
 イスラエルの元軍情報部長のアモス・ヤドリン将軍は、エジプトの情勢についてイスラエルのテレビ・チャンネル2で今後の予想を語った。
エジプトに内戦が起こる可能性は低い。エジプト国民は(シリアなどと違って)同質性が高いからである

 国民同士がモルシー支持派と反対派が、デモなどで衝突しているが、武装闘争に至るとは思えないという分析である。同時に、エジプト軍が国民の背後にいる。国民のコンセンサスに従うのが軍であり、エジプト軍は国民に銃を向けることはしない。

 ただし、ムスリム同胞団が取る選択は2つ考えられる。
 一つは、反体制派が提示するロードマップを認めて、再度選挙で政治的政権を得ようとすること。
 もう一つは、アラーの名において、アルカイダ方式に、権力を求めて戦う、危険なオプション。

 これからどうなるか、ムスリム同胞団の出方がエジプトの行方に影響していく。

 イスラエル軍の首脳の考え方は、非常に示唆に富むと思う。
 ヤドオリン将軍は、空軍パイロットとして、あのイラク原子炉を空爆した一人。
 来日したとき、靖国神社を訪れている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1887-300af89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。