カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプトの民衆「これは革命なんだ」と歓喜する
  やはり予想のとおり、エジプトの民主主義は未成熟さを証明した。
 もちろん、どの国もそれぞれ国民性があり、西欧型民主主義でなければならないことはない。
 エジプトはエジプトである。

 ムスリム同胞団のプッペ(操り人形)にすぎないモルシー大統領は、政治危機に独自に対処できず、(おそらくモスリム同胞団の指示同意を得なければ大胆な決断ができないまま)軍のクーデターを誘導したわけである。

 エジプトの政治はずっと軍人出身で引っ張ってこられた。
 組織権力集団としては、モスリム同胞団以外には軍しか存在しないところにエジプトの宿命がある。

 民衆は大歓喜である。独裁者を倒したが、2番目の独裁者が出た。それも倒した。必要ならまたやろう、と。
これはクーデターじゃない。国民の革命なんだ」という声があがる

 しかし、肝心の問題の経済改善は、こんな事を繰り返してはならないと思うのだが。
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/07/04 11:30] | # [ 編集 ]

Re: 誤記でしょか?
信さん、ご指摘ありがとうございました。

外出直前に書いて、よく見直さないまま出かけてしまいました。
帰ってきて、校正ミスを教えてくださり、助かりました。

ご愛読を感謝します。
[2013/07/04 12:27] URL | 河合一充 #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/07/11 22:18] | # [ 編集 ]

Re: No title
いつでも歓迎です。とてもむさ苦しい事務所ですが、どうぞ、お寄りください。
電話番号は3288-2200で、わたしがいるかどうか確認してください。
[2013/07/12 12:56] URL | 河合一充 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1883-41fd9304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。