カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トラベル世界」という旅行会社の倒産
 ビックリしたのは、中堅の旅行会社「トラベル世界」が倒産したとのこと。
 昔、弊社が旅行部門の地上手配業務でイスラエル・中東方面をお世話してた頃のお客さんである。
 イスラエル旅行の商品をも積極的に行って、いわば初期のイスラエルツアーの老舗だった。

 2000年代にイスラエルがパレスチナ紛争で旅行客がいなくなり、ツアーが殆どなくなり、売上収入激減で弊社は大変難儀したとき、トラベル世界さんは自由に他の地域に旅行を出して特に困った様子ではなかった。
 とりわけ、2004年には40億円の年商を達成したそうだ。
 我々はイスラエルの状況の好転をずっと待っていた。
 そんな時、そこの老社長さんが「恋人を代えろよ」と忠告してくれた。つまり、イスラエルにこだわらず、別の地域の旅行の世話に変えよ、またイスラエル、イスラエルばかりでは食っていけないよ、という意味であった。

 私は恋人は代えない、と言って今日まで来た。

「トラベル世界」さん、大変お気の毒であるが、この過越し方を思うと、感慨無量である。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1877-110f6d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。