カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル大使館を訪ねて 楽しかった
 今朝はイスラエル大使館のローネン広報官と話し合いが出来た。愉快な一時だった。
 実は、新刊の『甦りと記憶 アウシュヴィッツからイスラエルへ』のPRである。

 ポーランド・ユダヤ人の奇跡的な生き残りの物語であるが、それだけでなくイスラエルの建国に貢献したことを話すと、興味深く耳を傾けてくれた。
 彼も、ポーランドとロシアのハーフだと言って、ポーランド・ユダヤ人の伝統に生きた家族の出であると言った。
 
 ところで、イスラエルの国家予算が今年はまだ議決されていなくて、大使館の予算はゼロだという。(信じられない!) 資金の援助はあげられないが、広報には協力しましょう、と言ってくれた。大使館のフェースブックに載せてくれるそうだ。
 話を聞いて貰えただけでもありがたい。

 大使館のゆるキャラが「シャロオウム」に決定したことも、お祝いを申し上げる。そうだ、次号の雑誌「みるとす」にも掲載して広く知らしめようと、約束した。
 こんな企画が出来たのも、若い世代のイスラエル人だったからですね、と言うと、喜んでくれた。
 とても素晴らしい青年だ。(まだ30歳にも成らないようだ、ローネンくん)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1865-d3ee4893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。