カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペレス大統領90歳誕生式典とイスラエル国
 昨夜のエルサレムでのシモン・ペレス90歳誕生式典は感動の嵐だった。
 ネットの映像でそれが伺えた。
 単に彼の誕生祝いというより 、イスラエルがここまで国として成長し認められていることの証であったのではないか。

 その象徴は、開会に最初にスピーチしたが英国のトニー・ブレア元首相であったことだ。
 第1次大戦後、パレスチナを委任統治し、ユダヤ人の移民を制限し、イスラエルの独立に猛烈に反対した国のトップリーダーだった人間が、祝辞を述べているのである。
私達には女王がいる。(イスラエル国民に向かって)あなた達にはシモンがいる
 すごい賛辞である。他にも、数々の来賓のスピーチが続いた。

 私のハートをも揺るがしたのは、バーブラ・ストライサンドの歌であった。
 「アビーヌ・マルケーヌ」(我らの父、我らの王よ)
 イスラエルの神への感謝と祈りであった。
 ユダヤ民族の一体感を感じさせてくれた。

 ペレス大統領は、感謝して言った。「皆様が世界のおちこちからいらっしゃったのは、私の祝いのために、そして私と共にティクンオーラム(世界の完成、修復)をなすためであることを分かっています」

 このティクンオーラムという、ユダヤ教の使命を表す信条。
 私はこの言葉を最も気に入っている。そのために生きたいと思っている。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1859-6d86c5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。