カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六日戦争の後 イスラエルとアラブの反応
 今日は六日戦争が終了した日。46年前の、1967年6月10日であった。

 イスラエル軍は大勝利であった。
 イスラエル国民は今度こそアラブもイスラエルの存在を現実のものと認めるだろう。そして、和平交渉が出来るだろうと期待した。
 そして、戦後間もなく、6月19日にイスラエル政府は、平和と交換に占領地の返還をすることを閣議決定した

 しかし、アラブ側は9月1日スーダンの首都ハルツームにおいてアラブ首脳会議を開き、3つのノーを決議した。イスラエルとは和平を結ばず、交渉せず、存在を認めないと。

 未来を知らない人間の愚かさがここにある。
 もし、その時、アラブとイスラエルが和平交渉をしていたら、今の問題はない。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1847-0de0b368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。