カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴラン高原の状況 ガンツ総参謀長シリアに警告
 イスラエルとシリアの国境のあるゴラン高原で、不穏な空気が漂い、まさに戦争になりそうな日本のA新聞の報道がある。
 これは、シリアの国営放送がはなばなしく、シリア領に侵入したイスラエル軍を撃退したというニュースを流したからだ。
 要するに、内戦に苦渋するアサド政権が、外に敵をつくり、国内の目を向けさせようとの魂胆かも知れない。
 到底、今のシリア軍はイスラエルに勝てるわけがない。

 イスラエル国防軍のガンツ総参謀長は前線を視察している。
 彼は言う。「もしアサドがゴラン高原の状況を悪化させるつもりなら、その結果を覚悟すべきである。イスラエルは断固守ることを知っている」と最大限の警告を与えた。

 日本のマスコミは表面的に危機情報を聞いて、それを単純に報道して欲しくない。
 イスラエルは安全に守られているのに、何も知らない人はイスラエルは恐い所と心配するじゃないか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1815-0877ecb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。