カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベネズエラの新大統領 祖父がユダヤ系と告白
 ベネズエラは、チャベス大統領が亡くなったあと、彼の指名したマドゥーロ副大統領が選挙で勝利し、後継大統領に就いた。
 南米で有数の石油生産国である。また、社会主義を標榜して、アメリカとも衝突する国である。チャベス時代、ユダヤ人人口は2万2千人から今では9千人に減っている。反ユダヤ主義の政策の故だと非難されている。

 新大統領も、基本的にチャベス政権を継いでいるわけだが、反ユダヤ主義の国という非難に対して、そんなことはないと言っているそうだ。先日も、彼はイスラエルのシリア空爆を非難したが、「イスラエルとユダヤ民族は区別している」と言う。まあ、確かに、現イスラエル政府の政策行動を批評することで反ユダヤ主義というレッテルを貼るべきでないのは、理解する。しかし、国際政治においては、イスラエルの抱える安全保障への脅威を理解することも、要請されるのではないか。

 ただし、マドゥーロ大統領の発言の中で、おやと思ったことがある。
 「自分の祖父は、ユダヤ人だった。だから、反ユダヤ主義をとるはずなどない」と。

 スペイン系の中南米の人々の中には、昔から、隠れユダヤ教徒がいた。カトリックにはなっていても、密かにユダヤ伝統を嗣いでいたとかいう話は数々ある。
 ベネズエラ大統領の祖父がスファラディー系ユダヤ人だった。その後、カトリックに改宗したようだが、堂々と自分のユダヤ・ルーツを告白するのは、その国の環境の中では珍しいのではないか。

 それで、こんなエピソードが、エルサレム・ポスト紙に載っていたわけである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1810-af7d7466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。