カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル人の医師 ボストンマラソンの容疑者を治療
 ボストンマラソン・テロ事件の被害者とその犯人容疑者を治療したのは、イスラエル人の医師のケヴィン・タブ教授だそうだ。
 ボストンのハーヴァードメディカルスクールの付属病院に務めているが、イスラエルではよくこのような事件の医療に携わっていたそうで、馴染みの光景であったという。同病院の緊急治療室(ER)には、数人のイスラエル人医師がおり、また室長もイスラエル人だとか。

 ちなみに、容疑者は、喉を負傷し、回復してももうしゃべられないそうだとタブ医師は言った。

 イスラエルでは、テロの事件で、一度に多くの負傷者がでる。そして、それに速やかに対処するのがイスラエルの医師達だが、まさか平和なボストンでこんな事件が起こるとは思わなかったし、しかもイスラエルの経験ある医師がいたとは、ある意味で不幸中の幸いだ。
 イスラエルでも、ERでは犯人も被害者もベッドを並べていることがあるそうで、医師としては加害者被害者を問わないで、治療に当たるそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1780-c37badd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。