カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルケル独首相 ヨーロッパのユダヤ教ラビ会議から表彰
 ヨーロッパのユダヤ人の間で有力な協議会である「ヨーロッパ・ラビ会議CUR」は、アンゲラ・メルケル首相を表彰することに決定したという。

 英国の首長ラビの故ラビ・ヤコボヴィッツ卿(英国の終身男爵)の精神に基づいてつくられた「ヤコボヴィッツ賞」が贈られる。
 その理由としては、ケルン裁判所がユダヤ教徒の割礼を違法としたことに対して、それを覆す法的処置をして「ユダヤ教の割礼」を守ったことへの感謝であろう。
 メルケル首相は、明白に反ユダヤ主義に対して抵抗し、ユダヤ人共同体を支持する姿勢である。
 反「割礼」に対しても、それへの対抗処置の断固とした、しかも速やかな対処は見事であった。

 これはドイツのみならず、世界のユダヤ人や、あるいはさらにイスラム教の間でも、高い評価を得た行為であった。

 メルケル首相の「鉄の女」ぶりが、ヨーロッパのユダヤ人指導者をいかに感動させたかがしのばれる。
 いまなおヨーロッパでは、反ユダヤ主義がはびこっている中、勇気のいることだ。
 同時に、メルケル首相の権威がドイツに生きている証拠でもあろうか。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1777-3201cf8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。