カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル・パレスチナ関係の静かな動き
 ケリー米国務長官のシャトル外交は、今のところ目立った成果はなく帰国した。
 しかし、水面下ではイスラエルとアメリカの間で、パレスチナ和平交渉を再開するきっかけを作ることに同意した模様だ。新聞報道をいろいろ総合すると、見えてくる。

 まず、障害になっていると思われるイスラエルの西岸域入植地での建築を中止すること。公に宣言するのでなく、これは静かに中止していくらしいと。
 また、パレスチナへの送金も開始している。

 それから、パレスチナ自治区のファイヤド首相が内紛がらみで嫌気をさして辞表を出したが、(アッバスはこれを歓迎しているらしい)西側からひそかにアッバス議長に辞めさせぬようプレッシャーがかけられているとか。
 イスラエルとパレスチナの交渉を再開しようと努力している最中に、内部抗争をしている時期か! というお叱りである。

 パレスチナ関係の動きは静かだが、アメリカとしては何とかしたいと思っていることは確かだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1766-0611bd1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。