カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナの国際司法裁判所への訴え、却下される
 パレスチナの国際宣伝戦の一環だと思うけれど、ハーグの国際司法裁判所(ICC)に訴えていたイスラエル戦争犯罪調査の件はICCから却下されたという。

 2009年のガザ戦争におけるイスラエル軍の行為についてであるが、当たりまではないか。

 却下の理由は、パレスチナは国連における資格は「オブザーバー」であって、国家ではないというだけ。

パレスチナは、ガザにおける管理をしっかり握り、無駄な無益なロケット弾攻撃などさせないで、和平への話に向けて国論統一(もっともまだ国にはなっていない)をすることだ。もちろん、いろいろの過激分子を抱えて、また市民の本音の世論なども無視される状況ではそれは難しいのはわかる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1752-cc6f89da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。