カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコのイスラエル謝罪に条件をつける
 イスラエルがトルコに謝罪して、両国の関係が改善される方向に行きつつある。
 これは大変結構なことだ。
 しかし、謝罪するということは、お互いに許し合いましょうの言葉だけで終わらない。
 
 トルコのエルドアン首相は、二つのことを求めた。
 1つは、あのガザ支援船マルマラ号で死亡したトルコ人7名の賠償金を支払うこと。
 2つ目は、ガザへの物流をもっと開放すること。

 両国の間で、その交渉が始まっているという。
 イスラエルは、もうかなりガザの封鎖を解除していると言っている。

 日本人はすぐ謝るが、国際的にはそれで済まない。
 (海外においては、簡単にI am sorry. などとは言ってはいけない、と注意される)

 イスラエルの兵士は、兵士で、自分たちは何も悪いことはしていないと、抗議している。

 小異を捨てて、前向きに決断したイスラエル首相の戦略が実るように祈る。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1736-197fa5b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。