カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新教皇フランシスコ1世の名称に感銘して
 日本の新聞にも、カトリックの新ローマ法王について好意的に書かれているのも見るのは、やはり喜ばしく、記事は概して微笑ましい。アルゼンチンの庶民の中に生きてきた人柄にみな、好感を持つようだ。

 私は、どの宗教でも人々が尊崇することには敬意を表することにしている。
 それで、法王ではなく「教皇」という、カトリック教会の名称を使うことにしているが、日本の新聞では法王とされているようだ。

 最初英語ニュースで知ったので、Francis「フランシス」とお呼びした。
 日本語では、「フランシスコ1世」が公式に決まった。通常、Pope Francis で海外では「1世」は使われないそうだが、あのアシジの聖フランシスとはっきり区別するために、日本ではそういう名称になるという。

 思えば、イエズス会士がフランシスの名を選ぶのは、歴史的には驚くべきことだ。
 フランシスコ会とはだいぶ違う修養会だから。

 でも、この組合せは大変良い。
 私はカトリックではないけれど、イエズス会のロヨラやザヴィエルを尊敬し、また聖フランシスを敬慕している。

 19日の就任式には、日本政府代表に森元首相が赴かれるよし。
 
スポンサーサイト

コメント
解放神学と南米
私としては何となく複雑な気持ちですが、それでも「やはり喜ばしく、記事は概して微笑ましい」というご意見には賛成です。ローマ法王が決まった当日ドイツ語サイト「SPIEGEL ONLINE」にはこう書かれてありました、「Rom/Buenos Aires - In gewisser Weise ist Jorge Mario Bergoglio ein verspäteter Papst. Beim Konklave 2005, als der Nachfolger des verstorbenen Johannes Paul II. gesucht wurde, war der Argentinier ein aussichtsreicher Kandidat. Angeblich sollen damals im dritten Wahlgang bis zu 40 Kardinäle für ihn gestimmt haben. Mit dieser Anzahl hätte er jede andere Wahl verhindern können, heißt es. Sein Verzicht habe dann aber im vierten Wahlgang den Weg für die Wahl von Kurienkardinal Joseph Ratzinger frei gemacht, der sich den Namen Benedikt XVI. aussuchte.」・・・これを和訳すると「ローマ/ブエノスアイレス - あえて言うならば今回フランシスコ1世となったジョルジョ・マリオ・ベルゴグリオ枢機卿は一歩出遅れてしまったローマ法王と呼べるでしょう。と言うのは、ヨハネ・パウロ2世が死去された後に行われたコンクラーベでベネディクト16世と共にローマ法王候補に挙げられ惜しくも他40名の枢機卿に支持されながらもチャンスを見送った司祭だからです。そして、あれから8年経った今日やっと彼はベネディクト16世の後継者としてローマ法王フランシスコ1世となりました。」となります。恐らく2005年に候補として挙げられたのは「解放神学」の研究を専門としている(司教になるには博士号があることが条件の1つなので)枢機卿であり、ベネディクト16世も南米出身ではありませんが解放神学に取り組まれていました。ですからベネディクト16世の終わり方はかなり可哀想でしたが、でも何となくフランスシスコ1世の方が実は本命ではなかったのか?と少々思ってしまいました。今度こそは私も期待していますし、神さまが最後まで教皇さまをお守り下さるようお祈りしています。
[2013/03/16 19:27] URL | Tomoko Chavele #soYIjzZQ [ 編集 ]

フランシスコⅠ世
『~ 日本語では、「フランシスコ1世」が公式に決まった。通常、Pope Francis で海外では「1世」は使われないそうだが、あのアシジの聖フランシスとはっきり区別するために、日本ではそういう名称になるという。~』
日本のカトリック教会には教皇庁大使館からの通知があり、「Ⅰ世」はつけないということになり、日本カトリック中央協議会のHPでも「Ⅰ世」の表記はされていないようです。

『日本語では、「フランシスコ1世」が公式に決まった。』とあるのは報道機関などにおいてでしょうか。
[2013/03/17 17:46] URL | コクスイ #- [ 編集 ]

Re: フランシスコⅠ世
カトリック中央協議会のHPで、最初にそのように告知がありました。その後、変更したのです。
[2013/03/18 23:52] URL | 河合一充 #- [ 編集 ]

フランシスコ
最初に中央協議会の方でそういう表記があったのですね。すみません、見落としていました。ありがとうございました。
[2013/03/19 00:57] URL | コクスイ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1722-03f363b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。