カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア シリア政権の崩壊を予期か 露市民の撤退
 ロシアが飛行機2機をシリアに送り、在シリアのロシア人100人を帰国させる便宜をはかった。
 これは、CNNの記事(Mark Katz,Jan 22)から知ったが、これはアサド政権の崩壊が近いというサインかもしれないと。
 ロシア機は、ダマスカス空港には降りず、レバノンに降りた。そこは危険だったからだ。
 ロシアは船舶による緊急脱出の用意をもしつつあるようだという。

 もちろん、対外的にはモスクワはアサドの運命について触れていない。しかし、もしシリアのロシア大使館員の引き上げが始まれば、最終的にロシアがアサド政権を見放したことを物語るであろう。

 アサド後については、ロシアにも選択肢はない。
 これまでのロシアの対シリア外交は、失敗ということになる。
 最低限度、アサドの亡命を助けるくらいか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1669-af55786e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。