カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル空軍機 シリアを攻撃
 いよいよ始まったか! イスラエル vs シリア!

 シリアをイスラエル空軍のジェット機が空襲したと伝えられている。
 事件は火曜の深夜か。
 イスラエル軍は沈黙を保っている。
 外電によれば、レバノンとシリアの国境付近で、レバノン領空から侵入して、イスラエルジェット機が武器輸送隊を攻撃したという。ヒズボラへの対空ミサイルSA-17を運んでいたところだった。

 しかし、シリア軍はそれを否定して、イスラエル空軍機はダマスコ州の軍リサーチ・センターを攻撃したと報じた。ヘルモン山の北を低空飛行し、レーダーを避けた模様。

 単なるリサーチセンターではなさそうで、地元の噂では化学兵器製造工場であると。

 おそらく、イスラエル軍はシリアの化学兵器がヒズボラなどのテロ組織の手に渡るのを防ぐための予防措置であった思われる。反政府派とのシリア政権の終末のどさくさに紛れて、化学兵器の管理が不可能になれば、大変に危険な状況になる。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1661-af7418cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。