カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのユダヤ人 旧ソ連からの移住が多い
 ドイツに住むユダヤ人が22万人もいると知って驚いたが、その90%がロシアからの移民だという。
 ホロコーストでユダヤ人は滅ぼされたはずだが、ソ連の崩壊後、ユダヤ系の移民先としてもドイツが選ばれたようだ。
 最近はドイツの移民法が変わって、ドイツへの入国は難しくなったそうだが、それでも多くのユダヤ系移民はドイツ社会にドイツ市民として同化すると同時に、ユダヤ教のシナゴーグが多く出来て、ユダヤ人・コミュニーティにも参加している。
 新しい時代が来ているのだろう。
スポンサーサイト

コメント
No title
ウィーンでもそんな感じです。ロシアというより、旧ソ連や、イランからの亡命者を、かなり古い時代に受け入れたようです。
ドイツ語圏は大規模なミズラヒムの中心地となっています。ユダヤ人の名前もペルシア語、タジク・ウズベク語、アゼリ、ジュフリ、グルジア語のものばかりです。
[2013/01/16 06:18] URL | さかい #- [ 編集 ]

Re: No title
 ドイツというよりドイツ語圏における、共通の現象でしたか。ウイーンの様子も教えてくださり、ありがとうございます。
[2013/01/16 11:03] URL | 河合一充 #- [ 編集 ]

No title
http://www.ikg-wien.at/?page_id=625
ここに問い合わせると詳細を教えてくれるかもしれません。

第二区(Leopoldstadt)を歩くと、中央アジア(ウズベキスタンのブハラ・ユダヤ人など)出身者やその末裔で、顔立ちが日本人に似たユダヤ人に遇うこともあります。
[2013/01/19 18:19] URL | さかい #- [ 編集 ]

Re: No title
ありがとうございます。
さかい様は、オーストリアにお住まいですか。
[2013/01/19 18:42] URL | 河合一充 #- [ 編集 ]

ヨハン・シュトラウス二世がユダヤ系?
「ヨハン・シュトラウス―ワルツ王と落日のウィーン」 (中公新書)

さかい様の書き込みより、この本を思い出しました。
ちょっと歴史検証があやふやで眉唾かもしれませんが、国際情勢と歴史と音楽をリンクさせて理解するのにもってこいの本でした。今までそういう視点でクラシック音楽を聴いたことがなかったので・・・。

第一章あたりに、シュトラウスという姓がダチョウを意味し、一族はウイーンのゲットー・Leopoldstadt(レオポルトシュタット)出身のユダヤ人ではないかという仮説が取り上げられています。河合様、専門家の皆様、どう思われますか?
[2013/01/21 13:11] URL | Emiko #wgMs1uSY [ 編集 ]

No title
私はウィーンに住んで、今は日本です。

>> Emiko 様
仮説ではなくもう明白なことだと思いますが....
シュトラウス家はハンガリーのユダヤ人です。ハンガリーのユダヤ人Strausz Wolf がウィーンにやってきて、その子 Franz Borgias がキリスト教に改宗し、その子がヨハン一世です。
二世の最後の妻もユダヤ人でした。

二区のユダヤ人(特にultra-orthodox の傾向の人)はイディッシュ語のほかにハンガリー語を話す人もいます。イランからの亡命者を助けた Michoel Pressburger もハンガリー系です(ハシディームのシナゴーグの二階がイラン系シナゴーグで、シッドゥールもペルシア語訳がついています)。IKG Wien やウィーン市役所に聞けば詳細を教えてくれるかもしれません。
[2013/01/21 14:57] URL | さかい #- [ 編集 ]

No title
間違いを訂正いたします:
http://www.geni.com/people/Wolf-Strauss/6000000008969069820
http://www.geni.com/people/Johann-Michael-Strauss/6000000008969093447

Wolf > Johann Michael (ブダ生まれ) > Franz Borgias > Johann I でした。1760年、40歳の時にヨハン・ミヒャエルがキリスト教に改宗したとあります。

http://www.geni.com/people/Adele-Strauss/6000000007014434794
一時の妻ヘンリエッテ・ハルペツキーもユダヤ人モーリツ・トデスコの妻でした。
最後に、アデーレ・ドイチュをキリスト教に改宗させて、離婚が認められないのでわざわざドイツまで行って結婚しました。
大勢のオーストリア人とは少し違った一族だったのでしょうか?
[2013/01/21 20:12] URL | さかい #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1636-e1e12705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。