カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国防省のイスラエル支援追加 メイヤー外相を思い出す
 ホロコースト作家のエリー・ヴィーゼルの本をぱらぱら開いていたら、1961年に就任したばかりのケネディー大統領にゴルダ・メイヤー外相が面談したときのことが載っていた。
 彼女は、他の話は一切せず、「武器をください」の一点張り。
 ケネディー大統領は、「アメリカが守るから大丈夫。聖書の国からいらっしゃったから、聖書の話をしましょう」と。理想主義に燃えていた新大統領は、彼女の要求にびっくり。
 しかし、彼女は譲らない。ユダヤ民族の歴史を語り、ついにケネディーも屈したという。
 国を守るとは、現実のこと。言葉だけでは役立たないことを、メイヤー女史はよく分かっていた

 今度のガザ紛争で、イスラエルは空爆でハマスの隠れた武器庫、ロケット発射場、地下トンネルを破壊した。
 それで、だいぶイスラエル軍の武器庫も減ってきたらしい。
 アメリカの国防省は、議会にイスラエルへの援助の追加を要請した。6億ドルの武器弾薬を補充するためであると。その武器弾薬は、小型のバンカーバスター(地中まで潜って爆発する)らしいが、イランを攻撃するには不十分とか。イスラエルのYnetnewsより。

 50年前の大統領と違って、今ではアメリカは非常に理解がある。イランの支援にあるハマスを知れば、理解せざるを得ないのだろう。

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1586-426e1d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。